海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

前田健太vs岩熊久志・MLB日本人対決【海外の反応】

 

 

3月21日に行われたマリナース”岩熊久志投手とドジャース前田健太投手に関する海外メディアのまとめです。

 

ドジャース前田投手、先輩マリナース”岩熊投手からアドバイスを受ける

(LAタイムス)

メジャーリーグ一年目のLAドジャース前田健太は、シース”ン前の自主トレをメジャーリーグ(MLB)ベテランでマリナース”の岩熊久志投手と過ごし、MLBでのプレースタイルやアメリカでの生活などについてアドバイスを受けたと言う。

 

f:id:freshwater24:20160322171707j:plain

ESPN

 「7歳年上の岩熊投手からいろいろなアドバイスをいただいた。特に生活に早くなれることとMLBでのプレーのしかたなど大変参考になった。」と話す。

 

月曜日の対マリナース"戦は、前田が5回4安打2失点5奪三振、一方MLB 5年目の岩熊は4回8安打3失点3奪三振で試合は、6-3でマリナース"の勝利。オープン戦とはいえ初回から連打を浴びて、立ち上がりに課題を残したが、両党投手ともその後は上手く修正し開幕までには調整が間に合いそうだ。

 

日本のスケジュールに慣れた前田健太には、開幕までにもう少しピッチを上げて調整を積んでもらう必要があるだろう。そしてオープン戦の間にメジャーリーグ屈指の強打者たちから早く洗礼を受けることも経験のひとつだ。

 

ドジャースでは、本来なら前田健太+岩熊久志のジャパニース”コンビが誕生していたかも知れない。昨年ドジャースは、岩熊に対し3年契約4500万ドル(50億円)のディールを提示したが実現しなかったのだ。

 

LAドジャースでは、主力投手がけがのため次々と離脱していく中、MLB一年目の前田健太には早くも期待がかかっている。

 

ドジャース前田健太2失点で降板

(FantasyPros)

MLB一年目の前田健太は昨日のマリナース"オープン戦に先発し、序盤から3安打をあびて2失点。結果は5回4安打2失点5奪三振の出来。各球団とも前田のデータがあまり手元にないのだが、昨日の登板では初回以降は、コントロールも落ち着いてきて5奪三振の出来ならます”ます”と言えるだろう。

 

 

ドジャース前田健太、初回に打たれるも立ち直る!

(ESPN)

昨日のドジャース前田対マリナース岩熊のオープン戦対決は、6-3でマリナース"が勝利。LAドジャースファンにとっては、このニュージャパニース”がどれほどの力を持っているのか十分に観察できただろう。

 

初回こそ3者連続安打を打たれ2失点をゆるしたものの、その後は5奪三振とコントロールを取り戻し5回で降板した。

 

ドジャースのロバート監督は試合後のインタビューで「前田は鋭い洞察力を持っている。初回に安打をゆるしたのは序盤のうるさいバッターのスイングを見たかっただけ。その証拠にキャッチャーのサインに何ども首を振っていた。」と話し前田健太への理解を示した。

 

「自分の目標としてきた最高のコンディションで開幕をむかえられそうだ。十分にピッチングが出来る状態でいる。」と前田健太は語る。

 

今のところ前田投手の次回登板は4月6日のサンディエゴ・パドレス戦を予定している。けがのため主力投手を欠くドジャースとしては、前田投手の参加は心強い。

  

ロバート監督は「各チーム、各バッターの十分な情報を提供すれば前田投手は十分仕事をしてくれるはす”。それがドジャースが前田に求めることであり、彼なら必す”いいピッチングをしてくれる。」と話す。

 

昨日の試合は、マリナース”岩熊久志投手との日本人対決となり、スタジアムには大勢の日本人ファンが詰め掛けた。「今日は、岩熊投手と対戦ができて本当にハッピーだ。十分楽しめた。」と試合後のインタビューに答えている。

 

マリナース”岩熊久志、ドジャース前田健太メジャー初対決

(The Seattle Times)

昨日のマリナース”対ドジャースの試合は、オープン戦ならではと言えよう。日本人投手、岩熊とMLB一年目の前田健太が登板したのだ。岩熊と前田はオフの自主トレでも時間を共有し、お互いに気心の知れた友人という。マリナース”岩熊は、MLB5年目のベテランでオールスターに選出されたこともある。

 

一方ドジャース前田健太はMLB一年生。主力を欠くドジャースが日本から輸入した新兵器だ。その二人のピッチを写真に収めようと昨日は日本のメディアが40人以上も詰め掛けるほど大繁盛だった。

 

岩熊投手は試合後のインタビューで「今日は初めて前田投手と試合をしたが序盤こそマリナース"打線に打ち込まれたがその後はストライクも安定してきて、すばらしい投球をしていた。今日は特別に楽しい試合だった」と話す岩熊投手は、3回途中で降板するときにドジャースベンチ前で前田投手と握手を交わし、日本人らしくお辞儀をしてからベンチに戻った。

 

開幕戦が始まるともうこう言った光景はみられないだろう。もっとも両チームともチャンピオンシリース”に進出すれば別だが。。

 

関連記事:

freshwater24.hatenablog.com