海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

マイケルジョーダンのダイエットとトレーニングメニューを全公開

 

 

 

『こんなボディーが、オレはほしかったんだ!!』

 

www.youtube.com

 

『クリード・チャンプを継ぐ男』で主役のアドニス・ジョンソンを演じる『マイケル B ジョーダン』が役作りのためのダイエットメニューとトレーニングの全容を公開した。

 

日本では、あまりなじみのない『マイケルBジョーダン』なのだが、1987年2月9日生まれの今年28歳。アメリカは、カリフォルニア州生まれなのだ。

 

映画の世界では、2013年の作品『フルートベール駅で』に主演している。どちらかと言うと、今まではテレビドラマの俳優として、アメリカ国内では人気がある。過去には、『CSI』『ロー&オーダー』に出演している。

 

今回の『クリード・チャンプを継ぐ男』では、彼は、来る日も来る日もボクシングをやらなければならなかった。連日のスパーリングシーンの撮影、そして撮影の合間にもバーベルトレーニングなどをこなし、気がついたら、ライトヘビー級ボクサーの体が出来上がっていたのだ。

 

雑誌のインタビューで彼は『あまりに役に没頭しすぎて、実際に筋肉がついていることにも気がつかなっかた。』と言い切る。そして、映画の中でも『シルベスタースタローン』がトレーナーとして、アドニス・ジョンソンを鍛え上げていくシーンは、まさに現実のトレーニングと同じだ。彼は言う『映画の中でのロッキーは、まったく本物のトレーナーと同じパッションを持っていて、マジで僕のことを鍛え上げ、そしてチャンプに押し上げてくれたんだ。』

 

 

マイケルBジョーダン』は、パーソナルトレーナーの『コーリー』とともに、ダイエットと筋力トレーニングを行っている。

 

今回『クリード』の主役が決まったときにも真っ先に『コーリー』に連絡し、ダイエットメニューの発案と全身の細かい筋肉までも鍛え上げるためのトレーニングメニューを依頼してきたという。

 

『コーリー』は言う。『ぼくは、マイケルの事を本物のアポロ・クリードと同じボディーしたかったんだ。そして彼は厳しいトレーニングにも負けず、アポロ以上の筋肉を手に入れたんだ。』

 

『クリード』の主役が決まって、キャストの初顔合わせが行われたとき、マイケルBジョーダンの筋肉を見たスタローンは、親指を立てて、“OKこれならいけるよ!”と言ってくれた。そのことがさらに『マイケルBジョーダン』の自信につながったと言う。

マイケルBジョーダンは、『クリード』の役作りのために、筋トレのほか、トレーナーのアドバイスに従い、一日6回の食事を取り入れた。

 

 

 

10月から映画が公開されている全米では、すでに71億ドルの興行収益をたたき出している。(制作費は、35億ドル)

 

ハリウッドの映画評論家の間でも9割以上の好意的な評価が出されている。そして、マイケルBジョーダンは、『クリード・チャンプを継ぐ男』続編への出演にも今から意欲的だ。

 

 

 

 

<トレーニングメニュー>

 

カーディオ: 45-60分/毎日

スプリント、プライオメトリックスドリル、スピードロープ

 

腹筋: 各25回x3セット/毎日
クランチ、レッグライズ、トータッチ、シットアップ、

 

アッパーボディー

 プレスアンドプッシュアップ・スーパーセット

ダンベルプレスと腕立て伏せを交互に行う、スーパーセット。ダンベルは、はじめに10回、次に9回、8回、7回、6回の5ラウンド。各ダンベルの後、直ちに腕立て15回。各ラウンドの間隔は、15-30秒

 

フライアンドプッシュアップ・スーパーセット

ベンチプレスと腕立て伏せとジャンプを交互に行う、スーパーセット。ベンチプレスは、はじめに10回、次に9回、8回、7回、6回の5ラウンド。各ベンチプレスの後、直ちに腕立てジャンプを10回。各ラウンドの間隔は、15-30秒

 

ダンベルカール: 15回x4セットを30秒間隔

 

ハンマーカール: 12回x3セットを30秒間隔

 

キックバック&ディップ・スーパーセット

ダンベルキックバックとベンチディップを交互に行う、スーパーセット。全部で4ラウンド。ダンベルキックバックx15回、直後にベンチディップx20回。各ラウンドの間隔は、15-30秒。

 

プライオメトリックス

サーキットで3ラウンド行います。各ラウンドの間隔は、2分間として、各動作の間は休みません。

ボックスステップx20回

ボックスジャンプx20回

サイドステップx20回

ジャンプスクワットx20回

バーピーx15回

ベンチプッシュアップx25回

 

ボクシングトレーニング (約3時間)

サンドバッグ、スピードバッグ、ミット、ジャンプロープ

 

 

<ダイエットメニュー>

第1食目

卵白x6個、全卵x1個、炭水化物45g

 

第2食目

プロテイン、炭水化物x35g

 

第3食目

鶏肉x225g、炭水化物x65g、緑野菜x1カップ分

 

第4食目

魚x225g、炭水化物x35g

 

第5食目

プロテイン、炭水化物x35g

 

第6食目

鶏肉x225g、緑黄色野菜x1カップ分、オリーブオイルx1ティースプーン

 

(トレーニングの前後には、必要なサプリメントを取る。)

 

注)トレーニングメニューおよびダイエットメニューは、個人差がありますので、ご自身のパーソナルトレーナーに良く相談してからはじめましょう。

 

いかがでしたか、これが『マイケルBジョーダン』が『クリード・チャンプを継ぐ男』に変貌した、全トレーニング&ダイエットメニューの内容です。ここまで追い込むことができたからこそ、彼は、あの美しい筋肉を手にすることができたのです。

 

12月23日から全国ロードショー!