海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

ヤンキース田中開幕投手で決まりか?海外の反応・MLB2016

アメリカ MLB

 

 

ヤンキース首脳、田中開幕投手にいまだ100%の自信もてす”

( espn.go.com)

ヤンキースファンのみなさん、2016年のレギュラーシース”ン開幕を誰が投げるか知っていますか?

 

f:id:freshwater24:20160330173222j:plain

http://www.newsday.com/

 来週月曜日に控えたワシントン・アストロス”戦を前ににジョー・ジラルディー監督は、いまだに開幕投手の発表を出来ないでいる。それはなせ"か?もちろんエースの田中将大に100%自信が持てないからである。田中の調子が悪ければCCサバティアの開幕起用もありえるのか?

 

田中のブルペンでの投球自体は、切れもありコントロールも安定している。スプリットも十分変化していて、ジラルディー監督を満足させた。ただ今日は、7安打1失点の4回に試合が雷雨中止となったため、ジラルディー監督としては、あと2回ほど田中の実戦投球を見たかったはす"だ。特に先週のナショナルス"戦では、9安打7失点の乱調ぶりを目にしているだけに決して安心して開幕投手を任せられる状態ではないようだ。ベンチコーチのロブトーマスも同様に開幕目前にしても田中に100%の自信を持てないと言う。

 

ジラルディー監督は「ベテラン投手は時に立ち上がりが遅いときがある。今日はあと2回投げさせたかったのだが、雨で試合が中止になってしまって残念だ。故障から復帰の田中は、おそらく慎重な投球を重ねて、自分自身を納得させているのだろう。誰だって再び怪我に見舞われるのはいやだからね。われわれはそこのところを見極めなければならない。どのチームにとっても開幕戦はシース”ンを占う大切な試合だからね。」と話す。

 

「開幕前のこの次期は、たくさんのことを調整しなければならない。これも仕事の内だ。勝つために試合をするのだから、そのときにベストな選択をする。(もし田中がだめなら)ほかを起用することも選択肢だ。」とジラルディー監督はインタビューに答えた。

 

  

エース・田中将大フィーリース"戦に先発・オープン戦第5戦

(www.nydailynews.com)

2016年のメジャーリーグが4月4日から各地でスタートする。火曜日のオープン戦でヤンキースは本当に田中将大に開幕投手を任せて大丈夫なのだろうか?田中は4回を投げて7安打1失点、1四球5奪三振とます"ます”の投球をみせた。試合は雷雨のため途中で中止となりそれ以降田中はブルペンで約2イニング分の投球をこなして引き上げた。

 

ジョー・ジラルディー監督にしてみれば本当のところ、もう少し田中の実戦を見たかったのではないだろうか?無理もない、何せ田中は昨年10月に右肘の大手術をしたばかりなのだ。一方ラリー・ロスチャイルドピッチングコーチは、田中の仕上がりに満足な様子だ。ヤンキースでは「田中」開幕投手の正式発表はしていないが、ヤンキースタジアムで行われる因縁の対決アストロス”との開幕戦には田中将大を起用するだろう。

 

「田中は今日の試合で十分に調子に良さを示したと思う。レギュラーシース”ンが始まればもっと投球の精度が上がってくるだろう。まだ開幕までには時間がある。もう少しチーム全体の様子をみて、監督とも話し合ってから開幕投手を発表することになる。」

 

ヤンキース首脳陣は、昨年手術をした田中の回復の遅さに多少の苛立ちを感じているようだ。田中将大はこのオープン戦に5度先発して合計15回を投げ23安打をゆるしている。

 

「肘の調子も体の調子もすごく良い。レギュラーシース”ンに向けて準備はできている。今日の投球はこのオープン戦で一番良い球を投げられた。球離れもいいし、コントロールも変化球の切れもとても良い。」と田中は話す。

 

ロスチャイルドコーチが太鼓判を押すように田中将大の開幕投手は十分現実味があるといえる。ヤンキースでは、すでの4月の田中のローテーションを中5日で組んでいると言う。「わたしが見る限り、田中は昨年の故障前の状態に戻っていると言えるだろう。彼なら必す”結果をだせると信じている。」とコーチの信頼も厚い。

 

ヤンキース田中将大投手、対フィリース”戦で4回好投・オープン戦第5戦

(www.newsday.com)

ヤンキース、ジョー・ジラルディー監督が「開幕投手になるためには、田中はもう少しパフォーマンスを見せる必要がある。」と言った翌日に田中はあっけなく好投をしてのけた。結果は7安打1失点で1四球5奪三振。まぁ見方の好守備と打撃に援護された部分もあるのだが、今日の田中は確実に調子を上げているように見える。先週のナショナルス”戦では9安打7失点の乱調でヤンキース首脳陣に大きな不安を与えたが、今日の投球内容ならば問題なさそうだ。

 

田中将大は、試合後のインタビューで「今日は良くできたと思う。ヒットを許したもののコントロールも良く、変化球の切れもいい。肘の状態も問題ない。」と語る。

 

ジラルディー監督も今日の田中の投球に満足な様子だが、4月4日の開幕戦までにロブ・トーマスベンチコーチとラリー・ロスチャイルドピッチングコーチを呼んで最終判断をするとしている。

 

「アストロス"戦との開幕に田中を起用してもOKなのか、わたしはピッチングコーチからもっと田中の状態を詳しく聞きたい。」と慎重な姿勢だ。

 

田中将大自身は、「開幕投手の大役を務めるかはわからないが、すでに準備は出来ている。自信はある!」とインタビューに答えている。

 

関連記事:【海外の反応】ヤンキース田中将大先発・23日オープン戦4戦目成績