海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

北島康介平100mでリオ五輪出場逃す・水泳日本選手権【海外の反応】

アメリカ リオ五輪

 

 

水泳日本選手権兼リオ五輪選考会で100m代表を逃した北島康介選手に海外でも関心があつまっています。以下に海外の報道をご紹介します。

 

平泳ぎの王者・北島康介5度目の五輪出場なるか?

(nbc sports)

アテネオリンピックならびに北京オリンピックで金メダルを獲得した水泳平泳ぎの北島康介が今週開かれている全日本選手権100mで2位に入りするも選考基準を超えられす"同種目での五輪出場を逃した。

f:id:freshwater24:20160406050003j:plain

yahoo.co.jp

 

今年33歳になる北島は決勝で59.93のタイムを出し、1位の小関也朱篤59.66秒に続き2位で表彰台に上った。しかし二人のタイムは、日本五輪委員会が定める59.63秒には届いていないため平泳ぎ100mでの五輪出場は消滅した。北島は予選で59.62秒を出しているだけに悔しい結果といえるだろう。

 

北島は試合後のインタビューで「今日の結果には言葉も無い。なせ"だか集中できす”  いつもの泳ぎができなかった。いろいろな事を考えすぎて積極的な泳ぎができなかった。これは僕自身の問題だ。頭を冷やしてから平泳ぎ200mに望みたい。」と話している。

 

 

200mが最後のチャンス

しかしながら、もし日本がリオ五輪で4x100mメドレーでメダルを獲得したいのなら、北島康介は欠かせない存在だ。なせ"ならば日本代表は2012年ロンドン五輪において同種目銀メダルを獲得しており、その時はもちろん北島康介が大活躍した。対する2015年の世界大会は、北島抜きで望んで5位と振るわなかったからだ。

 

今日の結果に北島自身が落胆するように、予選タイム59.62秒はロンドンオリンピック以来の好成績にも関わらす” 決勝で失速してしまったのだ。北島康介は、昨年の日本選手権でも3位の成績に終わり、同年の世界大会出場を逃している。

日本選手権兼リオ五輪選考会は、この後4月8日に平泳ぎ200mが行われる。北島康介にとってここが最後のチャンスとなる。

 

北島康介リオ五輪出場に黄色信号

(swimswam)

現在行われている水泳の日本選手権兼リオ五輪選考会でオリンピック金メダリストの北島康介が平泳ぎ100m決勝で選考基準59.63秒に届かす”同種目での五輪出場を逃した。予選タイム59.62秒をたたき出した北島は、好成績で決勝を泳ぎきると予想されていた。2位で表彰台にあがったものの決勝タイム59.93秒は選考委員会が定める59.62には及ばなかった。

 

北島康介は5度目の五輪出場がかかるだけに世界中からも大きな期待がよせられている。決勝の北島の泳ぎは、明らかに不十分であったといえるだろう。それは北島自身が一番理解していることで、試合後のインタビューでも悔しさをにじませていた。

日本水泳界のヒーロー北島康介は、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京、そして2012年のロンドン五輪に出場。2002年には平泳ぎ200mで世界新記録を達成。続くアテネ五輪と北京五輪では水泳界初の金メダル2連覇に輝きその名を歴史に刻んだ。

 

33歳の北島康介は、4月8日に行われる平泳ぎ200mがおそらく最後の五輪出場チャンスとなるだろう。

 

おすすめ記事:北島康介引退表明・海外の反応・金メダリスト、リオ五輪ならす"

       【海外の反応】前田健太ドジャースMLBデビュー戦でホームラン

       【海外】米海兵隊員無人島で救助される。三沢基地からもP-8出動