海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

エリザベス女王、習近平中国代表団は「とても失礼」・海外の反応

ヨーロッパ 政治

 

 

 

エリザベス女王「中国失礼」発言の真相

 

 イギリスのエリザベス女王は昨日開かれたバッキンガム宮殿でのガーデンパーティーで昨年10月にイギリスを公式訪問した中国の習近平共産党総書記とその事務方を「とても失礼」だと非難していたことが明らかになった。

 

このエリザベス女王のビックリ発言は、習近平総書記一行の警備を担当した、ロンドン市警のルーシー・デオルシ警部との会話で飛び出した女王の本音である。

 

習総書記の一行は昨年10月にイギリスを公式訪問しており、その際に晩餐会で会食をしたエリザベス女王は「彼らの行動は異常だ。」とその時の様子を振り返った。そしてルーシー警部が習一行の警備を担当したと告げると「運の悪いこと」と同情を示した。

 

このエリザベス女王の発言は、同行の記者団に録画されており、今後イギリスと中国の間で物議を呼びそうだ。

 

習近平・中国訪問団の異常行動

一連の女王による「中国失礼発言」の背景には、在中国イギリス大使バーバラ・ウッドワード氏に対する習総書記一行の傲慢な態度や高圧的な発言も含まれており、その一例としてウッドワード大使が夜中に突然呼び出され、習総書記一行のイギリス滞在を途中で中止するとの圧力をかけられたという。

 

もっともイギリス皇室では、以前にもフィリップ王子が中国からの留学生に対して「イギリスに長く滞在しすぎだ。」と発言したり、またチャールス"皇太子の共産党嫌いは有名だ。

 

f:id:freshwater24:20160511182526j:plain

http://goo.gl/No5vOK

 

キャメロン首相までも他国蔑視発言

エリザベス女王の発言に対して現在のところ、中国政府からは公式な発言は発表されていないが、英BBC放送によると今回の発言に関する中国国内での報道はテレビ、サイトともに一切シャットアウトされているという。

 

当日のガーデンパーティーでは、これより少し後にデビッド・キャメロン首相がナイジェリアとアフガニスタンからのイギリス訪問団を指して「世界で1位と2位の崩壊国家」と発言していたことも発覚しており、イギリスを代表する女王と首相からの「ビックリ発言」は世界の笑い者にさえなりかねないと国民は懸念している。

 

以下に海外の反応をまとめてみました。

 

 

 

海外の反応

・一般人と違って女王の発言となると問題が大きいな。中国とは経済分野において緊密に付き合っていかなければならない。公人の発言としてはあまりに軽率だ。

 

・問題はただ一点! 中国訪問団が礼儀を欠くような失礼があればどんどん真実を語るべきだ。

 

・でもこの録画って、皇室お抱えのカメラマンが撮ったんだろ?何で身内から出てきたの??

 

・中国のやつらはマナーがないからね。今はどこに行っても中国人観光客が失礼な態度でカメラを向けてくるだろ。あれと一緒だよ。

 

・このカメラマン、18年も女王についていると言うではないか?こいつの方が失礼なヤツではないか?

 

・外交問題だな?中国一行はイギリス政府に「なせ"反中デモを排除しないんだ!」と恫喝したというではないか。。

 

・ジャーナリストなんていい加減なもんだ。面白ければなんでも流す。

 

・エリザベス女王は、政治的な発言は控えるべきだと思う。わたし自身は女王を尊敬しているがね。

 

・俺は共産党なんて大嫌いだね!過去にさんさ”ん悪さしてきて。同じ中国人でも香港人や台湾人は教育されてる。

 

おすすめ記事:

 

・これは問題発言だろ。エリザベス女王こそ失礼だと思うね。

 

・イギリス人の悪いところだよ。自分の国は最高で他は最低と思うところが。。

 

・皇室のカメラマンに撮られたと言うなら、きっと女王自身も分かっていて発言したのさ。

 

・↑ おれもそう思うね。だって皇室からリリースされたんだろ。エリサ"ベス女王は、中国の礼儀知らす"を指摘したかったんだよ。間違いない。

 

・イギリス訪問が嫌なら来なければいいんだ!家で寝ていろ!!

 

・女王は正しいね。平均的中国人はやかましいし、失礼だし、下品だ。日本人を見てみろ!みんな品良く丁寧だろ。見習え!

 

・女王は自分の国の警官に労をねぎらっただけだろ。

 

・女王の発言はイギリス国民の総意かもしれないな。みんな習近平が来て同じことを感じたもの。。

 

・でも中国はイギリスに莫大な金を運んできているせ"!それを無視するわけにはいかんだろう?!

(source: http://goo.gl/No5vOK)

 

 おすすめ記事: