海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

「AMY エイミー」ドキュメンタリー映画の評価と感想&プロフィール

 

 

「AMY エイミー」27歳の生涯

 こんにちは。今日は7月16日から公開される映画「AMY エイミー」をご紹介させていただきます。この映画は2011年7月23日に27歳の若さで亡くなったイギリスの歌手「エイミー・ワインハウス」の生涯を描いたドキュメンタリー映画で今年行われた第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した作品です。

 

f:id:freshwater24:20160708170726j:plain amy movie jp

 

エイミー・ワインハウス・プロフィール

本名:エイミー・ジェード・ワインハウス

 1983年9月14日英国ロンドン生まれ。ソウル、ジャス"、R&Bのシンガーソングライター。ユダヤ系英国人の両親を持ち、父親はタクシー運転手からジャス"歌手に転向したミッチ・ワインハウス。他にミュージシャンの叔父を持ち、エイミーは子供のころから音楽や演劇に囲まれた環境で育つ。歌手のタイラー・ジェイムスはエイミーの演劇学校の同級生。

 

 2003年にリリースしたデビューアルバム「フランク」がいきなりミリオンセラーとなり一躍スターの座に駈け上る。2006年には日本でもおなじみの「バック・トゥ・ブラック」でヒットを飛ばし全英で1位、全米で7位の売り上げを記録。60年代風のソウル系ハスキーな歌唱力が世界で高く評価された。

 

 私生活においては2007年以前から薬物とアルコールにおぼれ、再三リハビリを受けている。自身の薬物体験を物語った「リハブ」では2008年グラミー賞を受賞している。その後も薬物とアルコールのリハビリ施設の入退院を繰り返すが、その間も3作目のアルバムをリリースしエイミーワインハウスはスキャンダルとはまったく別の次元で世界中から支持されていた。

 

 エイミー・ワインハウスは2011年7月23日ロンドン郊外にある自宅で遺体で発見された。当初死因はドラッグのオーバードースとも言われていたが、その後アルコールの中毒症状であったことが判明。死亡当時エイミーの部屋には2本のウォッカの空き瓶が転がっていたという。

 

 元来破天荒な性格のエイミーワインハウスだったのだが、薬物やアルコールに手を出すようになったのは2007年に結婚したブレイク・フィールダー・シビルの影響が大きい。シビル自身も薬物とアルコールの依存症で何どもリハビリ施設を入退院している。シビルはそれ以外にも暴行や脅迫などの容疑で逮捕されている。エイミーの希望で一度は関係を修復するものの結局2010年にシビルとの関係は解消されている。タブロイドの報道によるとジャンキーな二人だったが、エイミーの方がより強烈にシビルを愛していたといわれている。

 

 

 

映画「AMY エイミー」の評価

IMDb: 7.8/10

Rotten Tomatoes : 95%

Metacritics : 85%

 

*2016年の第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。監督は「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」のアシフ・カパディア氏。

 

*数々の話題を呼んだ「エイミー・ワインハウス」の波乱万丈の人生だが、映画「AMY エイミー」はそんな彼女の内なるプレッシャーや葛藤を上手く映し出している。(英国ガーディアン紙)

 

*「AMY エイミー」は27歳の若さで世を去ったエイミーワインハウスの華やかで孤独な生涯を描いた作品だ。 (ローリング・ストーン誌)

 

*アシフ・カパディア監督「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」の再来を思わせるすばらしいドキュメンタリー作品だ。若くして亡くなったエイミーワインハウスの冥福を祈る。 (Variety誌)

 

感想(海外)

・若いエイミーワインハウスの生涯を端的にまとめたいい作品だと思う。スターへの階段を上るエイミーとは裏腹に彼女の心の奥には助けをもとめるもう一人のエイミーがいたのだろう。

 

・エイミーワインハウスがまだ10代のころから彼女を観ている。歌唱力がありタレント性に富んでいて、それでいてどこか繊細な一面をもったそんなエイミーだった。最後は涙が出た。

 

・映画「AMY エイミー」は本当にいい作品だ。ステージの上のエイミーとプライベートのエイミーは彼女自身そのギャップに悩まされていたということか。エイミーの死は非常に大きな損失だったことをこの映画で改めて考えさせられた。

 

・歌手としてだけでなく人間としても魅力的だったエイミーワインハウスのドキュメンタリーだ。現実と妄想の世界をさまよった彼女は最後には現実から離れていってしまう。突然スターダムに躍り出たエイミーの心の葛藤が聞こえてきそうだ。

 

・若いエイミーワインハウスの死に冥福を祈りたい。彼女は夢と現実の間で葛藤を続けていたのだろう。オスカーを受賞するだけあって、一見の価値ある映画だとおもう。

 

映画「AMY エイミー」予告編

www.youtube.com

関連 カテゴリー: 映画 カテゴリーの記事一覧 - 海外のニュース・ストリームサイト