海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

映画「ハドソン川の奇跡」って面白いの?ネタバレあらすじと感想&予告編

 

トムハンクスとC・イーストウッド監督が初タッグ

 みなさん、こんにちは。今日ご紹介する映画はあのクリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演の話題の映画「ハドソン川の奇跡」です。この映画は2009年に実際に起きた航空機事故を元にした実話映画。 

 クリント・イーストウッド監督は全世界での興行収入600億円超を記録した「アメリカン・スナイパー」に次ぐ作品で近年では「ミスティック・リバー」や「父親たちの星条旗」など社会派映画を数多く生み出してきました。 

 そして主役のサレンバーガー機長には「フィラデルフィア」「フォレストガンプ」で2度のアカデミー賞主演男優賞を受賞したトムハンクスが味のある演技を見せてくれます。実は二人のタッグは今回の「ハドソン川の奇跡」がはじめての作品で、すでにオスカーノミネートの噂も出ている今年イチオシの話題作なのです。

f:id:freshwater24:20160728072558j:plain warnerbros.com 

 

あらすじ(ネタバレ注意)

 原作はチェス"レイ・サレンバーガー元機長の手記「機長、究極の決断」。エンジンが緊急停止したUSエアウェイス"1549便が155名の命を乗せてニューヨークハドソン川に不時着。乗客乗員全て無事に救出された航空機史上前例のない生還劇。 

 時は2009年1月15日激寒のニューヨークをシアトルに向けて飛び立ったUSエアウェイス"1549便は離陸直後に「バードストライク」と呼ばれる鳥がエンジンに飛び込む事故が発生。両方のエンジンが停止した状態で緊急の判断を迫られたチェス"レイ・サレンバーガー機長はキャリア42年のベテランパイロット。 

 このままでは155人の乗客乗員の命はおろか、下手をすれば70トンの機体がニューヨーク市内に落ちるかもしれない緊迫の事態。墜落までのリミットは約4分、速度と高度を計算しながら管制塔との緊迫のやり取りで一度は近くのテターボロ空港への着陸を検討するのだがそれも無理と判断したサレンバーガー機長は独自の判断でハドソン川に不時着を決意。 

 過去にも川への着陸を試みた旅客機があったのだが失敗し大惨事となったケースがあったのだが、サレンバーガー機長はハドソン川奇跡の不時着に成功155人全員の命を救ったのだった。 

 事故当時ハドソン川は氷点下6度、水温2度と記録されているなかサレンバーガー機長をはじめとするUSエアウェイス"の乗組員たちは決められた手順で冷静に脱出活動にあたった。 

 事故後、サレンバーガー機長とジェフリー・スカイルス副操縦士はヒーローとして米国民に称賛されホワイトハウスではオバマ大統領からも感謝状が贈られるのだが、事故を捜査していた当局から殺人罪の容疑をかけられるのであった。 

 サレンバーガー機長は2010年3月3日その42年にわたる現役パイロットとしての乗務を終えた。

 

感想

 「ハドソン川の奇跡」はクリントイーストウッド監督らしいスリルと感動に満ちた作品です。特に事故発生から不時着までの緊迫の数分間は手に汗にぎるシーンの数々、殺人罪の疑惑をかけられた機長の苦悩を名優トムハンクスが実に上手く演じているのです。そしてまたエンディングにはイーストウッド監督特有の心を揺さぶる感動とその背景にある人間が持つ悲しみや寂しさを繊細に表現しており観終わったあとに何かを考えさせられるそんな作品です。 

 

 

 

オリジナル予告編

www.youtube.com 

トムハンクス、9月14日来日決定

本作「ハドソン川の奇跡」で3度目のアカデミー賞受賞のうわさもある主役のトムハンクスが9月14日に来日することが判明。3年ぶりの日本来日では「ハドソン川の奇跡」のプロモーションなどでレットカーペットやトークショーも予定されている。 

「ハドソン川の奇跡」9月24日からピカデリー系で全国ロードショー

 

 

おすすめカテゴリー:

Huluならハリウッド映画や海外ドラマを日本語吹き替え、字幕などで見放題。今なら2週間無料キャンペーン実施中です。