海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

トランプ氏の共和指名確定=他候補撤退表明―米大統領選【海外の反応】

アメリカ アメリカ大統領選

 

 

 

いよいよドナルド・トランプ氏の次期大統領就任が現実味をおびてきました。3日のテッドクルース”氏の共和党指名争いからの撤退に続いて、ジョン・ケーシック氏までもが撤退を表明してしまいました。

 

共和党保守派の抵抗も虚しく、ドナルド・トランプ氏の共和党指名確定となり、後は民主党候補ヒラリー・クリントン氏との一騎打ちとなった場合、実務的にはクリントン氏優勢。しかし民意的には、トランプ氏の劇場型政治が大幅にリードしている状況です。

f:id:freshwater24:20160505094842j:plain

dailymail.co.uk

  

以下に海外の反応をまとめてみました。

  

米大統領選の共和党候補指名争いで、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)は4日、同州で演説し、選挙戦からの撤退を表明した。

 これにより、指名争いに残っているのは実業家ドナルド・トランプ氏(69)だけになり、トランプ氏の指名獲得が確定した。

 ケーシック氏はこれまで地元のオハイオ州でしか勝利していないが、夏の党大会が決選投票にもつれ込めば、主流派の自身に勝機があるとみて選挙戦を続けてきた。しかし、2位のテッド・クルーズ上院議員(45)が3日に撤退を決めたことで決選投票の可能性が事実上なくなったため、撤退を決断した。 (時事通信)

 

 

 

海外の反応

・ドナルドトランプは何かわからないけど普通の人々の心に訴えかけてくるんだよね。。でもチャンスはないだろ?

 

・アメリカ上流階級の人間が今後トランプを引きす”り下ろすことができるのか?こうなると議会に多数の人脈があるヒラリークリントンが有利になるのではないだろうか。

 

・トランプ人気と言ってもそれは共和党内の話し。党員数では圧倒的に民主党の方が上。

 

・↑ そのとおり。共和党3130万人に対して民主党4351万人。

 

・普通に考えれば、ケーシックが一番大統領の素質があったのにな。。残念だ。

 

・最後の共和党候補までもトランプに食われるとは。。

 

・ケーシックはクルース"が撤退するのを待っていたんだろ。そうすれば面目が保てるから。

 

関連記事:

 

・よっしゃー!みんなでトランプに乗っかるどー!!

 

・ドナルド・トランプが大統領になれば本来の共和党の価値観が戻るわよ!きっと。

 

・ケーシックなんかとっとと撤退するべきだったんだ。金がもったいない。

 

・もし欧州からも投票できるなら、経対ドナルド・トランプだがね。

 

・トランプ旋風の勝利!

 

・トランプ対クリントンの一騎打ち。見ものだどー!!

 

・アメリカの次期大統領にふさわしいのはドナルド・トランプだけ。彼なら再びグレートアメリカを取り戻せる。

 

・トランプが大統領だって?彼は議会のことさえ理解していないんだそ”。そんなヤツが大統領になれるかよ?!

 

・トランプはヒーローなんかじゃない。ヤツは仮病をつかってベトナムに行かなかったんだ。

 

・11月まではアメリカ史上まだまだ面白いドラマが続きそうだね。

 

・トランプ大統領で世界の笑いもの。。。

 

・でもねこれは、最初からヒラリークリントンを勝たせるために仕組まれたストーリーなのさ。

 

・トランプの移民政策は間違っていないわ!欧州を見てごらんなさい。移民を受け入れてひどいことになっているじゃないの!!

(source: http://goo.gl/uiJE6C)

 

米大統領選カテゴリー:

 

関連記事: