海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

ダルビッシュ復帰2連勝・海外メディアの反応・MLB2016

ダルビッシュ攻撃的な投球で2連勝 MLB.com

f:id:freshwater24:20160605184153j:plain http://www.nbcdfw.com/

 

 

レンジャースの先発ダルビッシュはピッチャー交代を告げられたとき一瞬「なせ"?」というようなジェスチャーをバニスター監督におくった。ダルビッシュとしてはあと一人を打ち取ってしっかりと6回まで投げたかったのだ。しかも次の打者は打率0.310のマリナース"の強打者で韓国出身のリーなのだから、けがから復帰のダルビッシュとしては当然勝負したい場面だ。

 

結局ダルビッシュは5回2/3を投げ交代。試合は7-3でレンジャースが勝利。ダルビッシュは試合後のインタビューで「もちろん次の打者はリーなのだから勝負したいと思った。だから監督がマウンドに近づいてきたときも ”来ないでくれ、来ないでくれ”と目配せしたのだが、監督はわさ"と目をあわせす"にバッサリと交代を告げた。」と冗談交じりで話していた。

 

怪我から復帰のダルビッシュはこの2試合の防御率3.38と確実にパワーアップして戻ってきたようだ。その証拠にマリナース"戦では159kmの速球も披露した。

 

バニスター監督は試合後のインタビューで「ダルビッシュがいい調子で復帰してくれたことに感謝している。そして試合展開もすばらしい。彼は物足りなかったようだがまだまだ復帰2戦目では慎重にいくべきだと判断した。しかしピッチャーがもっと投げたいと言うことは調子がいい証拠だ。」と話している。

 

一方マリナース"のリードオフマン、ロビンソン・カノは「ダルビッシュはいたるところに投げ込んでくる。スライダーの切れも抜群だ。しかもものすごいスピードだ。我々はダルビッシュに称賛を与えなければならない。なせ"なら彼は肘の手術を受け、リハビリをこなし、投球練習をつんで見事に復帰したのだから。これが同じ人間なのか?アンビリーバブル?!」と驚きを隠さない。

 

レンジャースの強力打線、ダルビッシュの2勝目を強力バックアップ

SportsDay.Dallasnews.com

金曜日のシアトル・マリナース"戦を前にバニスター監督は、試合前から終始ご機嫌で「今日はマリナース"との対戦でわれわれはラッキーだよ!」と冗談を飛ばしていたのだが、レンジャースの7-3勝利はラッキーなどでも何でもない!投げては先発のダルビッシュが5回2/3を投げ6安打3失点の好投。一時は159kmの速球まで投げて周囲を驚かせた。

 

そのダルビッシュの復帰2戦目を援護するようにレンジャースは1回の攻撃でベルトレが3ランを放ち、続く3回には2塁打で追加点をあげた。ダルビッシュの2勝目を確約するには十分な援護だと言えるだろう。

 

 

 

ダルビッシュ有、再び勝利

Fantasy Pros

怪我から復帰第二戦目のレンジャース"、ダルビッシュ投手は金曜日のマリナース"との試合に先発。それほど切れのある投球ではなかったのだが、結果は7-3で5月29日の復帰から2連勝を上げた。シアトルマリナース"とは西部地区首位争いを展開しており、レンジャース"はこの試合に勝って首位を奪還したのだ。

 

ダルビッシュは5回2/3を投げ6安打3失点1四球5奪三振、投球数は88球で防御率3.38。まだ立ち上がりに不安があるものの最速159kmの速球にはマリナース"打線も舌を巻くほどだ。パワーアップしたダルビッシュはシース"ンが進むにつれて明らかに調子を上げてくるだろう。

 

ダルビッシュ好投で勝利に貢献

NBCDFW

周囲の疑問は「ダルビッシュは怪我からの復帰2戦目をどのようにみているのか?」レンジャースのエースにとってトミージョン手術を受けたあとの肘の耐久性が一番の問題だ。ダルビッシュはまだキレのある変化球をなげられるのか?球団が求めるロテーションで疲れはとれるのか?

 

その疑問にダルビッシュは答えた。

 

アメリカンリーグ西地区で首位争いを繰り広げるテキサス・レンジャースとシアトル・マリナース"の一戦。マリナース"の打線は相変わらす"強力だ。ダルビッシュは5回2/3を投げ6安打3失点。本人に言わせれば決していい出来ではなかっただろうが、序盤は155km超の速球でマリナース”打線を威嚇して後半は切れのあるスライダーで緩急をつけながらの試合展開だ。ただ5回に入ってからのダルビッシュはガス欠したように見えた。そのタイミングでバニスター監督がピッチャー交代を告げたあたりは見事な采配だ。もっともダルビッシュとしては続くマリナース"のリーを相手に勝負をしたかったようだが。

 

ダルビッシュの調整はもう少し続くようだ。完全復帰には険しい道のりもあるだろう。しかし金曜日のピッチングを見ればダルビッシュがパワーアップしてマウンドに戻って来たことは明らかだといえる。

 

おすすめ記事:【前田健太・海外メディアの反応】今季5勝目・MLB2016