海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

NASA木星の衛星エウロパに水の存在発見!宇宙に生命体存在か?

 

NASA木星の衛星エウロパに水の存在を確認

7月5日に木星軌道に無事到着したNASAの探査機「ジュノー」はその任務を着実に遂行しており、NASAでは探査機「ジュノー」からのデータをもとに今日まもなく行われる緊急記者会見で木星の衛星エウロパに水の存在を発見したことを発表する。今回の発見が確実なものとなれば宇宙に生命体が存在することを確認する大きな手がかりとなりそうだ。 

f:id:freshwater24:20160922073452j:plain GETTY 

 

木星について

木星は太陽系の中でも最大級の惑星で多くのなそ"と共に大きな可能性を秘めていると言われている。木星の特徴としては、1)他の全惑星をあわせたものよりも2倍も重量が重い。2)そして重力が重力が強い。3)磁場は地球の20倍もある。4)巨大な嵐が150年も続いている。5)太陽系で最速の自転速度。6)中心付近の温度は約23,900度。7)太陽系では最多の67個の衛星を有する。8)水素とヘリウムが大量にある。

 

 

衛星エウロパとは?

長年研究者の間では木星の衛星エウロパの地下に水源があるのではないかと言われ続けてきた。水があるということは生命体をサポートする第一条件をクリアーしたこととなり、そして衛星エウロパは太陽系の中で地球についで生命体が存在するのに適しているという。研究者たちは大きな期待をいだきながら研究を続けてきたのだ。

探査機「ジュノー」によるこれまでの調査では衛星エウロパの表面は氷で覆われておりその下に大きな水源があることが分かった。

今日の記者会見では探査機「ジュノー」から送信されたデータやハップル望遠鏡で捉えた木星の衛星エウロパの写真などを使ってこの新しい発見を世界に発表する。

NASAの記者会見には宇宙科学の権威でジョージア工科大学のブリトニー・シュミット博士をはじめ4人の研究者が発表を行う予定。

ハップル望遠鏡を使ったNASAの研究では2012年に衛星エウロパの南極にあたるに水蒸気が上がるのを発見したことがる。

もし木星の衛星エウロパに水の存在が確認されれば宇宙に生命体を発見する大きな手がかりとなること間違いなしだ!

 

 

おすすめ記事: