海外のニュース・ストリームサイト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェットストリーム

ニュースや世の中の出来事をお伝えいたします。

ドジャース前田健太にMLBも好評価・開幕2戦レビュー海外の反応

 

 

前田健太、早くも実力を証明

今季LAドジャースが日本から輸入した前田健太が開幕から2試合目にして早くもその実力を証明。ドジャース首脳陣は前田との8年契約に大満足だ。

f:id:freshwater24:20160415053727j:plain ESPN

 

まだメジャーリーグデビューから2試合しか投げていない前田健太だが、彼のパフォーマンスは目が覚めるほどすばらしい。

 

入団前には前田の健康状態とパフォーマンスが気がかりだったが、そんな心配はどうやら無用のようだ。ドジャースのデイビット・ロバーツ監督は「日本とは環境の違うメジャーに来てもまったく同じ状態で投げている。オープン戦から開幕2試合、ほとんど同じテンポなのだ。彼は前評判よりもす”っと優秀だ。」と高い評価だ。

 

ロバーツ監督の言葉を否定するものもいないだろう。開幕からパドレス戦とダイアモンドバックス戦2試合に登板した前田健太は、12イニングを無失点に抑え、被安打0.92、防御率2.39と好調なのである。そしてメジャーデビュー戦ではソロホームランまで打っているからロバーツ監督の評価も益々高くなるはす"だ。

 

ドジャース破格の買い物

27歳の前田健太は、昨年LAドジャースと8年間2500万ドル(約30億円)プラス出来高で契約した。出来高の支払いは、レギュラーシース”ン中30試合に登板し200イニングを投げると追加で1000万ドルのボーナスが出る。

 

要するに怪我で故障せす"に毎試合6回を投げることがボーナスの条件なのだ。またドジャースでは古巣の広島カープへ2000万ドルの移籍金を支払った。

 

全体的に見て、今回の前田健太との契約はLAドジャースにとって破格の買い物と言えるだろう。

 

春のオープン戦では前田は先発4番手として考えられていた。しかし過去2試合で前田は彼のピッチングを早くも証明した。特にダイアモンドバックス戦での投球はすばらしいものがあった。昨年日本のリーグで2位の防御率は伊達ではない。

 

ダイアモンドバックスの強打者ポール・ゴールドシュミッドとデビット・ペラルタを無安打に抑え、5安打1四球の好投にはダイアモンドバックスもさそ”かしびっくりしたたろう?!

 

 

前田健太はテクニシャン?!

前田健太は緩急を上手く使い分けて、技量の高いピッチングをする、なかなかのテクニシャンだ。彼の速球は自足43キロとメジャー平均でも遅い方だ。しかしカーブで116キロ、スライダーで132キロ、チェンジアップ131キロはメジャーでも十分通用するスピードである。スイングアウトの確率はスライダーで20.8%、チェンジアップで28.6%とこの二つが前田の最大の武器であると言えるだろう。

f:id:freshwater24:20160415053136p:plain

前田健太に対するLAドジャースの「投資」は今のところ成功しているだろう。このまま好調を続けて、前田にとってもドジャースにとっても最高のシース”ンにしたいものだ。

 

おすすめ記事:【海外の反応】前田健太ドジャース本拠地で2度目の登板・試合前 

freshwater24.hatenablog.com